MacにOpenJDK13をインストールする

MacにOpenJDK13をインストールする

MacにOpenJDK13をインストールしたメモ。Oracle JDKだと簡単にインストールできるdmgファイルが用意されているのに、OpenJDKの方はターミナルでやらないといけない…インストールしたときの手順メモ。

 

細かいことは書きませんが、Oracle JDKは無償利用の幅が狭くなりOpenJDKの需要が高まっている気がします。今回はMacにOpenJDK13をインストールしたのでメモ。

 

まず、OpenJDK13をダウンロードします。

ダウンロード先はこちら

↑の「JDK13」のリンクをクリックしましょう。

 

ダウンロードリストから、「macOS/x64」となっているものを選んでダウンロードします。

Macにインストールする場合。Linuxの場合は同じ手順で行けそうな気がしますが、Windowsのときは手順(というよりファイルパス等)が違うと思いますのでお気をつけください。

 

ダウンロードしたファイルをインストールしていきます。

まずはターミナルを開いて、ファイルを展開。

$ tar xvzf openjdk-13.0.2_osx-x64_bin.tar.gz

展開されたファイルを、指定の場所に移動します。

$ sudo mv jdk-13.0.2.jdk/ /Library/Java/JavaVirtualMachines/

Java Homeコマンドで認識されていることを確認します。

$ /usr/libexec/java_home -V
Matching Java Virtual Machines (1):
    13.0.2, x86_64:	"OpenJDK 13.0.2"	/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-13.0.2.jdk/Contents/Home

/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-13.0.2.jdk/Contents/Home
$

環境変数に登録します。

$ export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 13`

バージョン確認コマンドで正しく表示されていれば完了です!

$ java -version
openjdk version "13.0.2" 2020-01-14
OpenJDK Runtime Environment (build 13.0.2+8)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 13.0.2+8, mixed mode, sharing)
$
きよさん
OpenJDKにもdmgパッケージが用意されると便利なんですが…流石にオープンソースにそこまで求めるのは酷か。。今後時々使うインストール方法だと思うので、まとめておきました。

Macカテゴリの最新記事