複数のJavaバージョンをインストールしてしまった環境から余分なJavaを消す!

複数のJavaバージョンをインストールしてしまった環境から余分なJavaを消す!

先日OpenJDKの13をインストールしたのですが、諸事情あってOpenJDKの8を追加インストールしました。で、要らなくなった13の方を消すことにしたのでその手順をまとめておきます。

 

インストール済みの最新版のOpenJDK 13じゃなく、8系のJDKが必要になったのはAndroidSDKがJDK8系対応だったため。未だに8系までしか対応してないアプリも結構あるんですよねぇ。。

きよさん
自分が使ってるor使いたいアプリによってJDKのバージョン操作が必要になります。めんどくせぇ(本音)

 

インストール済みのバージョンを確認する

まず、以下コマンドにてインストール済みのOpenJDKのバージョンを調べます。

上記の結果だと、OpenJDK 13.0.2と、AdoptOpenJDK 8がインストールされていることがわかります。

 

アンインストールする

アンインストールは、rmコマンドで削除するだけで、削除する対象は、「/Library/Java〜.jdk」の部分です。

きよさん
今回消したいOpenJDK 13.0.2の場合だと、「/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-13.0.2.jdk」までですね。

 

では実際に消してみます。削除するときは以下のようなコマンドで。(今回は上記で調べたOpenJDK 13.0.2を消してみます。)

きよさん
「$ sudo rm -rf」コマンド、間違うと大事になるので気をつけてくださいね…

 

最後に、削除できたことを確認!

最初のコマンドと同じコマンドで、対象のJDKが消えたことを確認しましょう。

先程は2つ表示されていましたが、1個だけになりました!

 

きよさん
なんだかんだで新しいJavaに対応を移行していくアプリはそんなにないので、やっぱり8系でとどめておくのが一番かなぁ、、と思います。。

Macカテゴリの最新記事